Skip navigation

ちきしょー、課長のヤツ、もうガマンできない。ヤツとおれは同期入社。それが、10年ちょっとですごい差がついてしまった。おれは相変わらず平社員。ところがあいつは同期の出世頭で課長昇進。そこまでは、まだいい。ところがおれの異動で、ヤツの部署に配属されてしまったのだ。
同期が上司。こんな屈辱はない。しかもおれとあいつとはウマが合わない。上司になったのをいいことに、ヤツはえげつないやり方でパワハラしてきやがる。
もう許せない! 復讐を思い立ったおれは、あるプランを考えた。名づけて、「A10サイクロンSAで、お前をオナニー猿にしてやろうか?」作戦。
おれは最近、この電動オナホールを通販したんだが、2回使っただけで、使用禁止にしてしまった。理由は「こんなものにハマったら、出世がさらに遅れてしまう」と判断したため。
高性能モーター搭載のために、微妙な横回転刺激が生まれ、人肌素材で肉厚のホールが「女のアナそのもの」の喜びを、ペニスに与える。さらにヤバイのがAVでもアニメでも映画でも、好きな動画と回転パターンを連動させるという機能。
おれはサンプル動画を試しただけで、「これはヤバイ。こんな不健康なオナニーは、きっとおれを奈落に落とす」と気づいた。だから、それきり、使うのはやめた。
これを、あいつに使わせてやろう。うまいことに、ヤツは半年前に離婚したばかり。課長になって仕事も忙しいから、新しい女はまだ作ってないようだ。
となれば、当然オナニーの日々を送っていることだろう。そこにこの「オナニー最終兵器」を与えたら、どうなるか。「オナニー猿」になることはまちがいない。
あとは、どうやってA10サイクロンSAをヤツに掴ませるかだが、それもむずかしくはない。いっしょに飲みに行ったときに、下ネタの話の流れで、「課長、すごい電動オナホールが発売されたのごぞんじですか? 世界初の性家電、っていうらしいですよ」と耳に入れれば、それでOK。
新らしもの好きな奴のことだ。きっと自分で調べてみるにちがいない。なにしろ30代の男盛りで、現在独身。金玉にザーメンが溜まり放題になってるだろうから、必ず通販するはずだ。
サイクロンの魔の手が、ヤツを襲う。結果、あいつは哀れなオナニー猿に。・・・・・ふふっ。待ってろよ、おい。